生命保険

生命保険とは何が違うのか

学資保険は、生命保険の一種です。
生命保険の目的のひとつに、万一のときに「残された家族の生活保障のために加入する」というものがありますが、学資保険http://demolesson.com/donnahokenn.htmlは保険金の支払い対象が“子供”に限定されています。
学資保険には、「貯蓄型」「保障型」の二通りありますが、貯蓄型は子供が将来必要になる教育資金の貯蓄目的であり、生命保険に近いのが後者の「保障型」です。

保障型では、保険契約者(保護者)が亡くなったり、高度障害になった場合に、一時金や「育英年金」といった形で子供の教育費用を受け取ることができます。
育英年金を付けておけば、毎月の保険料の支払いが免除されて、満期までお子さんに教育費用が支払われます。
それと、生命保険には病気やケガをした場合の「医療保障」が付きますが、これも学資保険ではカバーされています。

お子さんが病気やケガをした場合はもちろん、ほかの子供にケガをさせた場合などに保険金が支払われたりします。
教育資金の貯蓄を重視するなら「貯蓄型」、医療保障を手厚くしたいのなら「保障型」というように、目的によって選択が分かれるでしょう。
学資保険と一口にいっても、それぞれの生命保険会社でさまざまな特約を付けているので、目的に合った特約がついているものを選ぶことをおすすめします。
学資保険とキッズ生命保険についてはこちらhttp://www.cmsthemer.com/kixtuzu.html

このページの先頭へ