生命保険

満期の設定はいつが最善か

学資保険の満期の設定は、保険契約者(保護者)が自由に決めることができます。
生命保険会社の多くは、「17歳、18歳、19歳、20歳、21歳、22歳」あたりを“満期”に設定しています。
もっとも多く学費がかかりそうなのは大学入学のときなので、18歳を満期に選ぶご家庭が多いみたいです。

しかし、18歳に満期では大学入学に間に合わないことがあるため、17歳が設定に入れてあります。
18歳~22歳まで細かく年齢が分かれているのは、短期大学に入学した場合が含まれているからです。
満期の設定を変更することが可能です。

変更した場合に、「満期額資金」は変わってきます。
また、満期の設定を変更しなくても、途中で何度か「お祝い金」を受け取ることですむ場合があります。
ただし、その場合も「お祝い金」は「満期額資金」から差し引かれるので、最終的に受け取ることのできる「満期額資金」の額が少なくなります。

学資保険に加入するのがお子さんが0歳のときhttp://www.cbta.jp/otoku.htmlだとすると、満期までにはかなりの時間があります。
教育の環境も変化してくることが考えられます。
自由に設定が変えられる契約になっている学資保険が良いかもしれませんね。
保険契約者の相談を柔軟に聞きいれてくれる生命保険会社を選びましょう。
学資保険でもらえるお金はこちらhttp://acs-suriname.com/index.htmlを参考にしてみてください。

このページの先頭へ