生命保険

コツコツ貯まる、貯蓄型の学資保険

貯蓄型の学資保険に加入する時期ですが、多くの人はお子さんが生まれたときに加入するようです。
ちなみに、生まれる前から加入できるプランがありますし、15歳ぐらいで加入することも可能です。
ただ、満期に設定する時期が、17歳、18歳、19歳、20歳、21歳、22歳あたりに集中しているので、遅く加入するとあまり貯められないでしょう。
学資保険に加入するのにおすすめの時期についてはこちらhttp://qpd.jp/s9.html

払い込み期間は、満期より前に終了します。
なかには、月々の保険料は高くなりますが、お子さんが10歳ぐらいまでに支払いをすませることのできるプランもあります。
一般的に、子供が幼い間は教育費用があまりかからないので、この期間で学資保険をしっかり納めて、将来お金が必要になる時期に備えるというのは賢い方法だと思います。

これらの点からしても、生まれてすぐに加入する人が多いというのはうなずけますね。
また、保険契約者(保護者)の方にも、保険に加入できる年齢制限があります。
女性の場合は16歳以上(男性の場合で18歳以上)から、上は60歳ぐらいまでとなっている場合が多いようです。
年齢が上がると、今度は医療保険などの負担が増えてしまうことが考えられますから、できるだけ早い時期に貯蓄型の学資保険に入ってコツコツ貯めましょう。
学資保険に加入できない人はどんな人なのかというのはこちらhttp://www.couturecult.com/okno.htmlをご覧になってみてください。

↓月々の保険料はクレジットカードで支払うとお得

このページの先頭へ