生命保険

自分で貯金するのとどっちが貯まる?

コツコツ貯金をするのが得意な人なら、学資保険に入らなくても教育資金を貯めることは可能だと思います。
しかし、200万とか300万円とかいうまとまった額を貯められるかといったら、なかなか難しいのではないでしょうか?
保険に加入していると、強制的に毎月1万とか2万円が銀行口座から自動的に引き落とされていきますから、計画的に貯めるのが難しいタイプの人は、学資保険に入っておくのも良いことかもしれません。

それと、子供の教育資金と名目がハッキリしていることもプラスに働きそうです。
用途を分けないと、知らないうちに生活費として使ってしまうことがありますから。
高校受験や大学受験で入学金などが必要になる時期に「お祝い金」が出るというのも、臨時のボーナスをもらったみたいで助かるように思います。

また、学資保険に加入することで、確定申告時に「生命保険料控除」を利用することができるので税金対策にもなります。
生命保険料控除を受けるために、自営業者は確定申告の際、サラリーマンは年末調整のときに必要書類を提出します。
毎月1万とか2万円がよくわからないものに使われていく…というご家庭は、その分を学資保険にまわしてしまってはいかがでしょう?
学資保険と定期預金はどちらが得かというのは、こちらhttp://j-hewitt.org/tei.htmlに載っていますので参考にしてみてください。

このページの先頭へ