生命保険

いざというとき安心、保障型の学資保険

学資保険には、「貯蓄型」と「保障型」の二通りあります。
貯蓄型の方は、貯金を兼ねてお子さんの成長に合わせて積み立てし、高校や大学進学時に「お祝い金」、満期になるとまとまった「満期額資金」が受け取れます。
貯蓄型に対して「保障型」は、保険契約者(保護者)が亡くなった場合や高度障害になったときに、一時金や「育英年金」が出るというものです。

学資保険に育英年金を付けると、毎月の保険料の支払いが免除される上に、満期までにお子さんの教育費用を受け取ることができます。
自分に万一のことが起こった場合を考えて、子供が困らないように考えられた生命保険の一種です。
保障型の学資保険なら、いざというときにも安心でしょう。
妊娠中から入れる学資保険もあります。

ただし、注意するポイントがあります。
それは、ほかの生命保険に加入している場合で、保障内容がかぶるおそれがあることです。
それぞれの生命保険会社によって、付いている特約の種類や名称などが異なりますので、保障内容を十分にご確認ください。
保障型の学資保険は貯蓄型に比べると保障が手厚い分だけ、満期で受け取ることのできる金額は少なくなりますが、保護者の生命保険と子供の教育資金とを一緒に考えたいというご家庭には適しているように思います。
保障型でも貯蓄型でも、月々の学資保険の保険料の支払いは、マイルやポイントが貯まるクレジットカードが絶対おすすめです。

このページの先頭へ